ジャージの裾ってどうするの?

ジャージの裾ってどうするの?

中学校に入学して、本日初めて体操服を着用する娘。

朝から袋をガサガサあさり、取り出しています。

名前は最初から刺しゅうされているので、書く必要はありません。

娘の学年のカラーは赤。

鮮やかな赤でとてもかわいいですね。

男の子でもこの色は好きなのではないでしょうか。

しかも体操服のブランドはファイテンですよ。

チャンピオンととてもロゴが似ていて笑えます。

特に赤字にこのロゴは騙される(笑)

今日は遠足で、体操服登校なのですが、曇っているため少し肌寒いです。

なので、冬用の長い方のジャージをはこうとしたのですが、少し長いようです。

ストレートタイプなので、すそ上げするか折るしかないですよね。

私が学生の頃使っていたものは、すその部分がファスナーになっていてすごく便利だったんですが、あれはいまどきはカッコ悪いんでしょうか。

そういえば普通のジャージにも見かけなくなりましたね。

そこでふと思い出したのが、私が今まで着てきた体操服の長ズボンたち。

長ズボンって言う言い方もいまどきはない?(笑)

小学校の時は、足の裏にひっかけるゴムがついていた記憶があります。

中学校のも最初はそうだったけど、途中裾リブのファスナータイプに買い替えて。

で、高校のは今娘がはいているようなストレートでしたが、当時は裾を絞って折るのがまだ流行っていたので、いつもそれだった記憶があります。

でも、今はそれも流行ってないですよねぇ。

長い場合はいったいどうやってみんな丈を調節しているんでしょうか。

ただシンプルに折っているだけ?

それとも買い替え覚悟ですそ上げしちゃうのかしら。

今日の遠足についていって観察してみようかしらん。

いや、ただの不審者ですねぇ。

仕方ない、今日の娘の報告を待つことにします。

ジュリエッタ

ダイエットの時期がやってきました。

そろそろ、さすがにダウンも片付けてもいいころになりました。

薄着になってくると気になるのが、二の腕やお腹のあたりのたるみです。

夏になるとだいたいスリムになってるんですが、どうして冬の間にこうゆるんでしまうんでしょうかね~。

見えないって怖いです。

実際、男性の目を意識する方が女性はきれいでいられるといいますしね。

私はすでにやばい、と思っているのですが、先日私の腰を持った旦那さん、「細いな~、なんだこれ」なんていうのです。

そう、旦那さんは結構メタボさんなのですよね。

だから、彼からしたら私はとても細いということのようです。

しかし、これに甘んじてはいけません!

ここで頑張るかどうかで、この先きれいでいられるかが決まってしまいます。

そんなことを思っているときにちょうどテレビであったのが、めちゃイケのダイエット企画の再放送。

う~ん、やっぱりカーヴィーダンスが一番私にはよいのでしょうか。

あれって楽しそうですよね。

しかも50近くなってあの状態を保てると考えれば、ウエスト周りだけでもやってみる価値はありそうです。

ビリーは辛すぎて続かなかったし(笑)

モムチャンは、筋肉が増えすぎて、そのあと脂肪が減って行くまでの太さに耐えられず断念。

筋肉質には向かないダイエットな気がしますよね~・・・。

やり過ぎただけかもしれませんが。

とりあえず今回はネットでカーヴィーダンスの動画を探して頑張ってみようかと思います。

ちょうど、置き換えダイエットドリンクも懸賞で当選しちゃったしね。

今月来月と、これでちょっと気合を入れてダイエットしてみたいと思います。

目指せ、今年の夏はノースリーブにビキニ!

今からやれば間に合うはず、頑張るぞっ。